心筋梗塞予防

イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしてくれる

イソフラボンは大豆などに多く含まれている成分で、フラボノイドの一種です。
イソフラボンは大豆などの苦味の部分、つまりフィットケミカルであるのですが、その効果から体に有効な栄養素であることが認められて、今現在ではイソフラボンを基にしたサプリメントなども多く販売されています。
フィットケミカルとは植物性の食品に含まれている物質のことで、植物の持つ色や苦味などのもととなっているもののことをいうのですが、大豆のイソフラボン以外にも、たとえばゴマに含まれているセサミンなども近年では注目を集め始めていて、その効果の多様さが多くの人の期待を集めています。

イソフラボンについてですが、イソフラボンはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと同じような働きをしてくれるとして注目されています。
女性ホルモンというと女性だけのものであるように思われがちですが、男性であっても女性ホルモンは持っていますし、女性であっても男性ホルモンは持ってるので、重要なのはそのバランスがどうなっているかということになります。
ですから、女性ホルモンが足りないと思われる方はイソフラボンを摂取することで足りない女性ホルモンを補うことができるようになるのです。

また、女性だけでなく男性がイソフラボンを摂取してもとても健康にいいとされています。
男性の方であれば髪の毛の悩みを抱えている方が多いのではないかと思いますが、抜け毛や薄毛が男性に多いのは男性ホルモンが多いからであり、女性ホルモンの割合を増やしてあげることでその効果を薄めることが可能になるので育毛効果を期待することもできるのです。
また、イソフラボンを摂取することで動脈硬化を防いだり、乳がんを予防したりする効果を得ることもできます。
それ以外にもイソフラボンは更年期障害を予防してくれたりと、人間が健康なまま生活を続けていく上で欠かせない効果を発揮してくれるので、多くの方に試していただきたい成分であるということができます。

Copyright(C) 2013 健康に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.